【ダイエット】週末クロスバイクに乗ったら半年で10kg痩せた方法

【ダイエット】週末クロスバイクに乗ったら半年で10kg痩せた方法

2015年夏にクロスバイクを購入してから半年。86kgあった体重は75kgまで減少しました。ダイエットに効果てきめんだったことはもちろん、体重以外にも多くのメリットを感じることができました。

自転車に乗ったのは週に1回だけ

毎日自転車に乗る必要はありませんでした。
週1のサイクリングでサクサク体重は落ちていきました。
・・・どんだけ無駄な脂肪が付いてたんだろうか。

1回のサイクリングで50~100km走る

とは言え、短距離サイクリングで10kgも痩せられるわけではありません。
僕の場合は1回のサイクリングで50~100km走っていました。
はじめは途方もない距離に感じますが、慣れれば割と普通にこなせる距離です。
時間にして1回あたり3~5時間程度でしょうか

50kmってどれくらい?

東京都の板橋~埼玉の熊谷くらいです(片道)。

100kmってどれくらい?

東京都の板橋~埼玉の熊谷 を往復したら100kmです。

住んでる場所によって条件は異なりますが、これから自転車ダイエットを始めようと思ってる方は以下の条件の道を意識して走るといいと思います。

  • 平坦路
  • サイクリングロードなど車の通りが少ない道
  • なるべく信号の少ない道

全力で走る

これ重要です。同じ距離でもゆっくり走るのと全力で走るのとでは効果は全く違ってきます。
同じ距離を走るのに3時間閣下った場合は、次回走る時には5分短縮して走るとかを意識すると効果的です。

景色の移り変わりを楽しむ!

サイクリングの良いところの1つだと思います。
クロスバイクやロードバイクは速度が出やすく走っている間に景色の移り変わりを楽しむことができます。
ダイエットを意識するのは自分に制限をかけることで決して楽しいことではありません。自転車ダイエットはこうした制限を忘れさせてくれて楽しくダイエットに打ち込むことができます!

その他のメリット

①ご飯が美味しい!大盛りを食べても罪悪感が無くなる!

全力サイクリングはとにかく消費カロリーがハンパないです。
100kmのサイクリングでも走る道路状況や力の入れ具合では数千キロカロリーを消費します。

当然、エネルギー補給は重要でご飯は大盛り!カロリー高め!を選択するようになります。
「ざるそば1人前」とか論外(笑)

おいおい!これからダイエットするのにご飯大盛り??
と思いますが、安心してください。それ以上にカロリーを消費しています。

全力でご飯を食べましょう

②健康診断の結果が目に見えて良くなる

自転車に乗り始めてからは毎年の健康診断がオールA判定が続いています。
マジで。

腹の弛みも減少するし、健康診断結果も良くなるし、外に出るからストレス発散にもなるしで言うことありません。

自転車は何を選択するべきか

結論から言うと「何でもいい!」に尽きます。

よく本格的なクロスバイク、ロードバイク以外のものを「ルック車」といって揶揄し、本格的に乗るなら〇〇グレード以上のものを・・・と紹介しているサイトがありますが、全っっく関係ありません。

自転車を走らせてカロリーを消費させるのは我々の体です。
我々の目的はダイエットです。
速度と負荷の維持のためにも変速機能が付いてるスポーツバイクだったら何でもいいと思います。

ペダルは可能ならビンディングペダルに換装を!

ビンディングペダルってこんな感じでペダルに金具がついていて、シューズにも同様に連結させる器具(?)が付いています。
スキー板をガチっと連結させるイメージです。

ペダルとシューズを固定するので初めは怖く思いますが
慣れると効率的にペダルを回すことができて足腰周りの
効果的な円運動が実現できます。

ビンディングには主に「SPD」という規格と「SPD-SL」という規格がありますが、おススメは「SPD」。上の写真のタイプです。

ダイエット目的でこれからスポーツバイクに、という方であればスピードを追及したSPD-SLよりも、より自転車を降りた後のある気安さを考慮したタイプの多いSPD型を選ぶと良いでしょう。

脚、太くならないの?

なりません。
むしろ余計な脂肪が落ちて程よく引き締まって美脚になります。

「顔より太もも!」をキャッチフレーズにしている競輪選手なんかは我々アマチュアでは考えられないほどの高負荷トレーニングを日々実践しているからです。特別な筋トレでもしない限り脚が太くなる心配はしなくて大丈夫です。

肥満を気にする皆さんが楽しくダイエットに取り組めますように!

nekocycle.tami

サイクリングやドライブで訪れた先々の風景や美味しいもの、感動したことなどを書いていきます。

コメントを残す