ロードバイクで本州最西端と小倉に行ってきたよ!2日目(下関市~本州最西端~九州上陸)

ロードバイクで本州最西端と小倉に行ってきたよ!2日目(下関市~本州最西端~九州上陸)

1日目はコチラ!

さて、1日目の疲れをホテルで癒し、元気に2日目スタートです!

二日目の目的地は2つ。
① 本州最西端
② 九州上陸

①本州最西端

旧日銀前をスタート

前日の天気予報では雨でしたが、出発時点では何とか持ちこたえてくれました。
ホテルを出発して一路目的地に向かいます。

昨日に引き続き、超ド平坦な道のりをグングン突き進みます。
しかも平坦な上に道路が綺麗に舗装されていてとっても走りやすい道のりです。
昨日とはまた違って余りにも走りやすくてほぼノンストップで目的地まで行っちゃいました。

なので写真は無し!

最西端の地まで残り1.5km

あと1.5kmの距離なのにこの風景。
うそでしょ!?ここから最西端の碑なんて現れるの!?

と半信半疑になりかけていたころ、、、

のこり1.5kmの看板が出てきました。
やはり皆同じような場所で不安になるんでしょうか(笑)
とにかく、あと1.5kmで本州最西端に到着します。
ペダルを回す脚も軽やかになっていくのを感じます。

本州最西端に到着!

・・・最西端に着く前に、
到着までラスト1.5kmは登りです。前半は8%くらいの坂が続いて、ラスト350mは心が折れそうなくらいの坂です。
私は心が折れました。

そして、なんやかんやで

本州最西端の地、毘沙の鼻に到着!

ここはまだ入り口で、このあと200mほどの遊歩道を渡ると本当に最西端の地にたどり着けます。

遊歩道を抜けると・・・

お決まりの1枚も

当日はあいにくの曇り空&雨模様でしたが、本州最西端からの眺めは最高でした

写真も撮り終わって景色を眺めていたころ、後から来た若い兄ちゃんたちに「どこから自転車で来られたんですか?」と話しかけられました。

「広島市から来ました」

若い兄ちゃんたち軽く引いてました。

②九州上陸

関門海峡!

さて、本州最西端も堪能して今度は本州脱出です。
ルートは前半の道を戻りつつ、関門海峡を目指します。
道は前半と同様めちゃくちゃ走りやすくて一気に突っ走っちゃいました。

ってゆーか、雨降ってきたから止まりたくなかっただけですけど。

関門海峡は歩行者と自転車、原付は別ルートで海底トンネルに入っていきます。

通行料金、歩行者は無料ですが、自転車は片道20円かかります。

通行料金を支払って海底トンネルへと通じるエレベーターに乗り込みます。

地下トンネルに到着すると、

こちらはまだ山口県下関市。ここからスタートです。

トンネルはランナーが多かったです。

そして・・・

福岡県突入!九州突入!
さらば本州!

トンネルを渡り切って、福岡側からもパシャリ

ここは北九州市門司区というところになるんですね。

下関と門司の各スタート地点は都っとした広場になっています。

役場の策略に乗せられてしまいました。

さて、出口のエレベーターを使って地上に出れば本当に本当に九州上陸です

九州上陸!

上陸してすぐに和布刈神社の鳥居がありました。
無事に関門海峡を渡ることができました、ありがとう

少し走ると大きな鳥居もありました

さて、この後は小倉駅を目指すのですが、、、

九州の洗礼を受ける

九州上陸後から雨風が本格化してきました。
なんか九州という土地から出ていけ!と言われているような感じで時間を追うごとに雨が強くなっていきます。

途中、たぶん門司港駅ですがこんな綺麗な駅もありました。

あまりにも雨脚が強くなってきて、小倉行を諦めかけて門司駅立ち寄り+途中離脱を決意します。

門司駅到着

門司駅を見て思いました。

「あ、これ、ここで離脱しても九州土産買えないや」

再度、小倉駅を目指して出発します。
小倉まで残り5km

小倉駅到着

びしょびしょになりながらも何とか小倉駅に到着

ロードバイクもずぶ濡れになりながらも良く頑張ってくれました。

この後コンビニでタオルを買って簡単に車体を拭きあげて輪行袋にしまいました。2日間良く頑張ってくれました。

最後に

今回、1月の雨の中走り切れたのはちゃんとした冬&雨対策で挑んだからだと思います。
とくに冬の雨は装備が不十分だと一気に体力が奪われて絶体絶命状態になります。
冬の悪天候ライドに挑むときはちゃんとした装備で走るようにしましょう。

少なくとも以下の装備が必要です。

  1. 耳まで覆えるヘッドバンド(夏兼用の薄手で十分)
  2. 汗冷え防止のインナー(ファイントラックが超おすすめ!)
  3. 撥水性サイクルジャケット(走行中にばたつかないもの、通気性が良いもの)
  4. 厚手の冬用グローブ(安物は買わないこと!)
  5. シューズカバー(ハーフサイズ、フルサイズはお好みで)

この5つは僕自身が冬ライドや雨対策で着用しているものです。
何よりも気をつけなくてはいけないのが「汗冷え対策」です。本当に冬の汗冷えは死ぬ恐れがあるので特に気をつけましょう。
後はこれに「張るタイプのホッカイロ」を胸、腹周り、太もも、足の指先あたりに張り付けるともう最強です。

冬も雨も楽しんでサイクリングに挑みましょう!