新型コロナウイルスとサイクリング

新型コロナウイルスとサイクリング

2020年3月。まだまだ終息を見せない新型コロナウイルス(COVID-19)ですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
いかがもクソもないと思います。だって会社努めの人は一部のテレワークの方を除いて通常通り満員電車にのって通勤。学生は少し長い春休みとは言え、何をしていいか分からず仕舞い。
僕たちは自分の健康を守るために何をするのが正解か。素人目線から素人の考えで考察していきます。・・・あくまで自転車日記目線で。

新型コロナの怖いところ(素人目線)

僕たち知識のない素人が新型コロナウイルスを怖がる根拠は2つあります。

1つ目は感染力が高いと言われているところ。
一説では新型コロナウイルスの感染力は7%を超えるとか…。何に対するパーセントなのかは知らないけど。
また、3/18時点の最新報道ではウィルスは空気中でも5時間は生存するそうです。

2つ目は致死率が高いといわれているところ。
現時点での致死率は2%台とのこと。

これだけ聞くと確かに怖い・・・。
マスクも相変わらず品薄状態が続く中、僕たち素人はどのように自衛していくべきか。答えが分からない中、先日TVでコメンテーターの医者が言ってました。

「食べて、寝る」と。

そうか、わかったぞ。要は健康な体を維持すれば良いんだな!と思いました。
そして、よくよく考えたら、サイクリングは最適なんじゃないかと。

人ごみを避ける

昨今ニュースでも取り上げられている「クラスター」感染。まぁ、あれでしょ、一定の限られた空間にいっぱい人がいると、そこから感染するリスクがありますよってことだと認識しています。
しかし、サイクリングは基本的に街中を避けて郊外を走るもの。まして閉鎖空間ではなく開放的な空間にいるのでクラスター対策という点では安心!

ただし、ロードバイクの社会人チームなど普段合わない人との集団走行なんかは配慮したほうが良いのかなと思う。あとサイクリングのコースも人気スポットは当面避けた方が良いのかなとは思います。

走って健康体になる

そもそもサイクリングという運動自体が健康に良いことは百も承知。適度な距離を走って軽く汗を流して「ふぅ~、疲れた☆」くらいが一番体の調子が良くなると思ってます。サイクリストの体力・脚力にもよりますが、だいたい30~100kmくらいでしょうか。

個人的には体を酷使して体力を完全に消耗させることはかえってどうなのかな、とは思ってます。あくまでも適度な運動くらいが健康増進にはちょうどいいと感じます。

帰ったらソッコーで風呂に入る

サイクリングから帰ったら、まずはホイールとフレームを拭きあげ、チェーンを洗浄して、何ならパーツレベルまで分解して洗浄メンテナンスをする。自転車が最優先で自分の体は後回し、というサイクリストも多いと思います。

ただ、さすがに外のホコリや汚れを家に持ち込まない方が良いと思うので、帰宅後はまず風呂に入ってさっぱりしましょう!

週末は久しぶりに走りに行こうかな。

nekocycle.tami

サイクリングやドライブで訪れた先々の風景や美味しいもの、感動したことなどを書いていきます。

コメントを残す