春だ!恐怖の健康診断がやって来るぞ!

春だ!恐怖の健康診断がやって来るぞ!

今日は春分の日。徐々に気温も上がってきて、これから春の訪れを体感できるようになるのでしょうか。そんな折、会社から春の健康診断の告知と昨年度の受診結果の「振り返り」が届きました。「昨年の結果より悪くなるなよ!」と会社から脅されているようです。実際、健診結果が悪い社員は指導が入ります。恐怖!

健康診断て怖いよね?

僕は昔から健康診断が苦手です。現在、30代半ばにして殆ど問題無く、採血も特に怖いとは思わないんですけど、、、。昔から血圧測定だけが苦手です。あがり症も相まって、毎回1回目はとんでもない異常値が出て、そのたびに看護師さんたちに驚かれます。

昔、大学生のころ、健康診断で血圧がポ~ンと高い値で出たときに3周り近く年上の白衣を着たベテラン風看護師さんに「あら~。白衣を見ると興奮する方が一定数いらっしゃるのよ。ふふふ」と言われたことがあります。

今年の目標

①血圧測定を一発でクリアする

今年の目標の第一は血圧測定を一発でクリアすることに決めました!
さて、目標達成のために僕ができることは、心を落ち着かせること。広大な草原で日光浴している自分をイメージします。ひたすらイメージして脳裏に焼き付かせます。決して仕事で詰められている自分をイメージしてはいけません。
あとは塩分コントロールですね。これは、どうしたら良いんだろうか。とりあえず

②肝臓値をA判定にする

実は去年の健康診断、肝臓値が「D.要再検査」でした。再検査してないけど。
一昨年まではA判定。コレ、訳があって今までは自転車にコンスタントに乗っていたってこともあって、健康状態は非常に良好でした。しかし、ここ2年近くはサイクリングの頻度が下がってきたことと、昨年の健康診断は健康診断の受験日を忘れてて、急遽受信した結果・・・飲酒の翌日に検診を受けた結果がモロに出ました。

会社には言い訳がましく事情を話して、来年は正常値に戻ります!と豪語した手前、2020年度の健康診断では確実に肝臓値でA判定を出す必要があります。

健康診断で良好な結果を出すならサイクリングがおススメ!

僕は昔から健康診断結果が良かったわけではありません。社会人になってお酒を飲む頻度が激増し、その度に味の濃い料理を食べていて気が付けばベルトの上に贅肉が乗っかるようになった時期がありました。当然、健康診断結果も20代後半にして要注意の判定を受けるようになりました。その後、ダイエット目的で買ったクロスバイク、ロードバイクでサイクリングを始めてから、一気に健康診断結果が改善され、現在では血圧以外の結果がA判定になりました。
サイクリングは酒と油と塩分とストレスにまみれた体を浄化してくれる魔法の運動のような気がします。

どれくらい走ればいいのか

では、自転車でどれくらいの距離を走ったら健康診断結果が改善されるのか。僕は「1週間で100kmの走行」を目安にすると良いと思います。毎日、平日を自転車通勤(通称:ジテツウ)している人は平日で走行距離を稼げるでしょうし、土日しか乗れない人は、土日のどちらかで1日100kmサイクリングを実施すれば体調は目に見えて改善されてくるはずです。初めは筋肉痛になったり大変でしょうが、自転車人って移り行く景色を楽しみながら健康維持に励んでみてください!
一緒に健康な体を維持しましょう